• ホーム
  • 背中ニキビの原因はもしかすると真菌かもしれません

背中ニキビの原因はもしかすると真菌かもしれません

ニキビが出来る場所と言えば第一に顔が挙げられますが、もう一つ気になるのが背中ニキビです。特に夏場にできてしまう事が多い傾向が有りますが、このニキビは出来てしまう原因も対処法もお顔のニキビとは異なりますので要注意です。間違ったケアをすればさらに可能してしまったり、菌が繁殖してしまう可能性もあります。

では背中ニキビが出来る原因はいったい何かというと、まず原因菌として顔の場合はアクネ菌ですが、背中ニキビはマラセチア菌というものです。あまり聞きなれない菌の名前かも知れませんが、実は真菌というカビです。

マラセチア菌は身体に多く存在している真菌で、脂を好むという特性があります。マラセチア菌が毛根を保護して毛の伸長通路となっている毛包内で、炎症が起こってしまう事でマラセチア毛包炎が発生してしまいます。この毛包炎というのは自然治癒は難しいと言われているため、間違ったケアをしたりそのままにしてしまう事でどんどん悪化して繁殖をしたり化膿することもあります。

皮脂を好むという特性があるため、皮脂の分泌や汗をかきやすい春から夏にかけては特に悪化しやすいので要注意です。背中は身体の中でも特に汗をかきやすい部位でもありますし、ストレスを感じたり暑さで出る汗というのはべたべたとしていて蒸発しにくいですし、皮脂も多く含んでいます。そのためそのまま不衛生な状態にしておくと膿疱が出来てしまう事もあります。

生活習慣も影響しますし、食べ物を見ても脂っこい食事を好んでいたりアルコール摂取量が多い方、さらに甘い物を多く食べてしまう事で汗の質も変わってきてしまいます。生活習慣でまずは食生活を見直したり、不衛生な状態を回避するべくスキンケアもきちんと行うようにしましょう。

顔にできるニキビが大きさも色も異なるのと違って、背中ニキビは規則的にぶつぶつとした赤い点々のように汗をかくところを中心にできてきます。赤くてもかゆみなどがほとんどないのが特徴です。そのままにすれば化膿して膿疱ができてしまいます。適切な処置としてはマラセチア菌にはたらきかけ、抗菌と殺菌が出来るイソプロピルメチルフェノールの入った専用のアイテムを使う事が挙げられます。

マラセチア菌は皮脂を好むという特性があるため、オイルフリーの物を使う事も大事なポイントです。また洗髪をする際には、シャンプーやコンディショナーを流した後、背中にも洗い残しが無いようにきちんと流す事も忘れないようにしましょう。