• ホーム
  • ルミガンよりも安いケアプロストでまつ毛育毛

ルミガンよりも安いケアプロストでまつ毛育毛

まつ毛貧毛症で皮膚科や眼科、美容外科クリニックなどを受診すると、日本ではルミガンという薬を処方されることが多いです。しかし保険も適用されませんし、診察費と合わせると高額な費用が掛かってしまいます。本来は緑内障や高眼圧症の治療目的で開発された点眼薬なのですが、その副作用でまつ毛の多毛化が見られた患者さんがかなり多く、今では育毛剤としても使われるようになりました。

ルミガンは市販されていませんし、基本的には処方薬です。しかし個人輸入であれば安い費用で取り寄せる事が出来ます。今は処方薬であっても海外処方の医薬品やサプリメント、また化粧品であっても個人輸入であれば取り寄せがほとんどできます。かかりつけのクリニックでは処方してもらえないという場合には、個人輸入を利用するのも良いでしょう。

個人輸入というと、手続きなども細かく大変そうというイメージをおもちになる方もいるかもしれません。しかし、代行の業者を通して行っていきますので、普段みなさんが行う通販と同じような流れで取り寄せが可能です。何でも通販で購入できる時代とも言われていますし、ルミガンもクリニックを受診することなく手に入れる事が出来ます。

また、ルミガンにはもっとお値段が安いジェネリックも出ています。ジェネリックは、後発薬の事で先行薬を開発する時のような多額な研究開発費がかかっていない分、価格が安いという特徴があります。安いけれど大丈夫なのかと心配される方もいるかもしれません。しかし、ジェネリックで販売する際には厳しい審査をクリアしなければなりませんし、配合されている成分も同様なので効果も同じですし安心です。

ルミガンのジェネリックで代表的なのはケアプロストです。もちろんルミガンにも含まれるビマトプロストが配合されていますので、まつげの成長期を延長させる効果が期待出来ます。このケアプロストに関しては特に日本のクリニックでは取扱いをしていないところが多いですし、個人輸入での購入がおすすめです。

ビマトプロストの量も同量ですし、口コミでも高評価されています。個人輸入サイトによっては、まとめ買いをすることで割引が適用されることもあります。16週間は使い続けていくものですし、使用を中止してしまうと効果も無くなりますのでまとめ買いでお安い費用で購入するのはおすすめです。

塗布する時にはアプリケーターを使いますが、このアプリケーターも通販で簡単に手に入れられます。