• ホーム
  • ニキビ治療にはアダパレン配合の薬できれいになります

ニキビ治療にはアダパレン配合の薬できれいになります

お肌の悩みの中でも、見た目だけではなく痛みも伴う嫌なものがニキビです。特に思春期には皮脂分泌も過剰になりやすく、ターンオーバーの乱れなども起こると毛穴をふさいでしまって皮脂汚れなどがつまり発症してしまう事も多いです。

一方吹き出物というものも聞いたことが有り、ニキビと吹き出物の違いって何かと思う方もいるかもしれません。どちらも同じ尋常性ざ瘡の仲間ではありますが、成人以降に出来る尋常性ざ瘡の事を思春期以後ざ瘡と言い、これが所謂吹き出物と言われるものの事です。

吹き出物は過剰な皮脂分泌よりもメイクの落とし残しや、ホルモンバランスに影響することが多いですがどちらも同じような対処法が必要です。ニキビ治療は早い段階で始めた方が跡にも残りづらくなりますし、基本的なケアを行い有効な抗菌薬を使用し治療していきましょう。

ニキビ治療でしばしば用いられるのは、アダパレンという成分が入っているアダフェリンです。アダフェリンは毛穴を詰まらせている角栓を取り除き、中からアクネ菌というニキビの原因となる菌も追い出す事が出来ます。また抗菌薬と併用して殺菌抗菌する事で相乗効果が高くなりますので、抗菌薬との併用をおすすめします。

アダパレンという成分が配合されている海外医薬品は他にもありますので、価格なども比較して選んでくと良いでしょう。

ちなみにレチノイドというターンオーバーに働きかける成分もニキビには有効です。トレチノインと似た作用が有りますので、お肌が弱い方はヒリヒリ感を感じたり乾燥する場合も有ります。あまりにヒリヒリ感が強い時には使用を中止した方が良いですが、レチノイドは古い角質を剥がして新しい皮膚に生まれ変わらせることができるため、ニキビ跡などにも効果が期待出来ます。

ニキビ治療においては、ビタミンCローションなどビタミンCやビタミンC誘導体などが配合されている成分の物を使うと効果が高くなります。ビタミンCローションはドラッグストアや美容皮膚科などでオリジナルを出しているところもありますし、簡単に購入出来ます。

アダフェリンは市販されていない海外医薬品ですので、ドラッグストアなどで購入することは出来ません。個人輸入という方法を使えば通販サイトを使うように簡単に入手できます。個人輸入での通販を利用した場合には、使用は自己責任でとなりますので乾燥やヒリヒリ感など、異常が強かった時には中止して皮膚科を受診します。