• ホーム
  • キレイな肌を保つためには洗顔が重要となります

キレイな肌を保つためには洗顔が重要となります

美肌を保つためには、とにかくお肌の汚れを落としておくことから始めていきましょう。キレイな肌だなと思う方は、必ずと言ってよいほど洗顔にもこだわってスキンケアをしているはずです。

肌トラブルはメイクや皮脂汚れが残った状態ですと、非常に置きやすくなります。それに加えてターンオーバーの乱れが生じれば、古い角質がどんどん蓄積されて、メラニン色素も排出されずシミが出来る原因にもなります。

トラブルの無いキレイな肌にするために、まずはこだわって洗顔をしていきましょう。毛穴の角質が詰まった状態ではニキビが出来たり、黒ずみが出来たりする要因となります。そのため汚れを浮かしてあげるべく、蒸しタオルをお顔にあてるのはお勧めです。熱すぎると祖毛穴は開きっぱなしになってしまう事も有るので要注意です。UゾーンやTゾーンの毛穴を開いてあげる事で、その後の洗顔にも良い影響が出てきます。

毛穴の角質が溜まってしまう要因は、ターンオーバーの乱れも影響しています。25日ほどの周期で古い角質がはがれて新しい皮膚に生まれ変わります。しかしこのターンオーバーが乱れてしまっていると、シミの原因ともなるメラニン色素も蓄積されてシミとなって現れます。蒸しタオルでは毛穴を開いて洗顔がより効率よく出来るようになります。

続いて洗顔ですが、使い心地や洗い上がりの好みなどに合わせて選んでいく事が出来ます。TゾーンやUゾーンのべたつきが気になる方は、ポイントケアが出来る洗顔料を使うのもありですしピーリングジェルなどを使うというのもおすすめです。

しかしお肌への摩擦が老化を引き起こすこともあり、キメが荒れてしまう事も有りますのでピーリングジェルなどを使う頻度も1週間に2回ぐらいまでにし、優しくあら有用にしましょう。洗顔料はよく泡立てて、手で洗うと言うよりは泡で洗うという感覚で洗っていくのもお勧めです。泡で出てくるタイプも出ていますし、自分で泡立てるのが苦手だったり面倒だという方はそういった泡タイプを使うのも良いでしょう。

洗い流す時には、洗い残しの内容にというのは基本ですが、水圧の強いシャワーでダイレクトに流すのはやめましょう。お肌はデリケートですのでできればシャワーから直接ではなく、手にぬるま湯をためて洗うようにします。

UゾーンやTゾーンはニキビもできやすい部分ですが、このように正しい洗顔をしていれば予防することも可能です。ターンオーバーの乱れと言った老化にも、医薬品を使ったケアで対策する事も出来ます。